その他

SSLの必要性と設定方法

みなさんのホームページにはお問合せフォームはありますか?もしくは将来、お問合せフォームを設置予定ですか?もしも、お問合せフォームがあったり設置予定だという場合、SSLは重要なことですのでこのページをお読みになることをおすすめします。ここではSSLの意味と対応方法についてお話していきます。

SSLとは通信の暗号化のこと

これは主に、お問合せフォームや商品の購入フォームなど訪問者が何かしらの情報を入力・送信できる仕組みがサイトに備わっているホームページで重要になります。

SSLというのは、一言でいうと「通信を暗号化」することです。

もしも、皆さんのサイトのURLが「http:」はじまるURLであった場合、SSL化はされていません。この場合、訪問者がお問合せをするために、何かしらのフォームに情報を入力し送信した場合、その内容が第三者に盗み見られてしまったり改ざんされる可能性があります。

このように第三者に情報を盗み見られてしまうのを防ぐために通信を暗号化するのがSSLなのです。SSL化ができているサイトではURLが「https:」ではじまります。お問合せフォームなど訪問者が情報を送信できる仕組みがあるサイトを運用しているのでしたら、セキュリティの面でも訪問者の方へのモラルの面でもSSL化は必ずすべきだと思います。

エックスサーバーならSSL設定が無料

もしも、エックスサーバーを契約されているのでしたら、SSL化はすぐに無料でできます。現在、エックスサーバーでは初期設定でSSLを有効化するようになっているはずなので、もしかしたら既にSSL化ができているのに気が付いていないだけかもしれません。一度、自分のサイトのURLを「https」で始まる形にしてアクセスしてみてください。

無事にサイトが表示されたという方は、「http:」と「https:」の2つのページが同時に表示されているという問題を解決する必要がありますので、下記を参考にしてSSL化を完了させましょう。

もしも、「https:」でアクセスしたときに、

このような表示になってしまったという方はSSLが有効になっていません。下記を参考にエックスサーバーのSSLの設定をしてください。

個人的には、SSLはどんなサイトであったとしても設定しておくべき常識的な感じになっていると思います。もしも、企業のホームページであるにも関わらずSSL化ができていない場合はすぐにでも設定をしておきましょう。

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

  1. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  2. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  3. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  4. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
  5. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
PAGE TOP