WordPress

クリックでYouTube動画をポップアップ再生させる方法【プラグイン】

WordPress内でリンクをクリックしたらYouTube動画がポップアップされて再生されるようにしたい、という方のために、説明があまりネットに載っていない「WP Video Lightbox」というプラグインについて、わかりやすく誰でも設定ができるようにお話していきます。

完成イメージはこんな感じです↓(クリックしてみてください)

↑にはこんなコードを埋め込んであります。

[video_lightbox_youtube video_id="ZSO5CEgeITE" width="640" height="480" anchor="https://cotodama.co/wp-content/uploads/2023/03/responsive-youtube-vimeo-popup04.jpg"]

このプラグインを使いたい方は、まずは「WP Video Lightbox」を有効化してください。

インストールとか、有効化とかは理解されている方が多いと思いますので、その先の設定からお話させていただきます。

コンテンツ

設定はプラグイン一覧ページの「詳細を表示」に記載のコードから

普通、プラグインって設定のメニューとかあるものですが、「WP Video Lightbox」の場合はそういうものがありません。

あるのはプラグインの一覧のところの「詳細を表示」をクリックしたところで表示される英語の説明とサンプルコードのみ。

上記の「詳細を表示」をクリックしたところに表示されているサンプルコードを編集して動画のポップアップを実装します(下にコードがあるのでクリックしなくて大丈夫です)。

※プラグイン一覧の「詳細を表示」から確認する場合、YouTubeとvimeoでそれぞれ異なるコードになっているので気をつけてください。

手順1:サンプルコードを編集して使います

YouTube動画を埋め込みたい方はこちらのコードを使ってください。

[video_lightbox_youtube video_id="G7z74BvLWUg" width="640" height="480" anchor="click here to open YouTube video"]

[video_lightbox_youtube video_id="G7z74BvLWUg" width="640" height="480" anchor="http://www.example.com/images/youtube-thumb.jpg"]

上のコードがテキストリンク、下のコードが画像リンクです。

今回は、画像リンクで実装したいので、下のコードを使っていきます。

[video_lightbox_youtube video_id="G7z74BvLWUg" width="640" height="480" anchor="http://www.example.com/images/youtube-thumb.jpg"]

結論からいうと、上記の「video_id=”G7z74BvLWUg“」の部分を表示させたいYouTube動画のIDに置き換え、「anchor=”http://www.example.com/images/youtube-thumb.jpg“」のところを任意の画像URLに置き換えて、WordPressのページにコードを埋め込めば完成です。

手順2:ポップアップさせたいYouTube動画のIDを確認

YouTube動画のページのURLを見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=〇〇〇

↑こんな感じのURLになっていると思いますが、この「〇〇〇」の部分が動画のIDです。

これをコピーして先ほどのサンプルコードにコピペします。

[video_lightbox_vimeo5 video_id="YouTube動画のID" width="640" height="480" anchor="http://www.example.com/images/vimeo-thumb.jpg"]

手順3:画像リンクの画像URLを置き換え

次に画像リンクの画像URLを下記の“http://www.example.com/images/vimeo-thumb.jpg”の部分と置き換えます。

[video_lightbox_vimeo5 video_id="●●●" width="640" height="480" anchor="画像リンクにしたいURL"]

以上で、コードが完成しましたので、あとはバナーを表示させたいところにこれをコードとして貼り付ければ完成です。

手順4:作成したコードの埋め込み

あとは、画像リンクを表示させたいところに、作成したコードを埋め込めば完成です。

ブロックエディタ(Gutenberg)をお使いでしたら、そのままコードを貼り付けると、↓のようなショートコード・ブロックにコードが埋め込まれると思います。

最近の記事

  1. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
  2. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
  3. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  4. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  5. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
PAGE TOP