Illustrator

Illustrator|立体の文字を作ろう

ここではこんな感じの立体的な文字をイラストレーターを使って作ります。

イラストレーター 立体文字の作り方

イラストレーターの上のメニュー
「効果」>「3D」>「押し出し・ベベル」をクリックします。

3D 押し出し・ベベルオプションが表示されたら、
左下の「プレビュー」にチェックを入れておきましょう。

それぞれの角度、押し出しの奥行き、遠近感などを調整してお好みの文字をデザインしていきます。遠近感を大きくすると、奥にある部分がキュッと集まるので遠近感がでます。

文字の角度に合わせて光源の角度も調整しましょう。

文字の角度を変えると一部が白くなってしまう現象がよく起こります。そんなときは一旦角度を少し変えてから元に戻すと直ります。


はい、これで立体的な文字が完成しました。

最近の記事

  1. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  2. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  3. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
  4. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  5. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
PAGE TOP