WordPress

カスタム投稿タイプのアーカイブページが404で表示されないときの対処法2つ

新しくサイトを立ち上げたときに、よくこの失敗をしてしまうので記録に残しておこうと思います。カスタム投稿タイプのアーカイブページが404になってしまうという症状への対処法です。それでは早速見ていきましょう。

パーマリンクの設定を空更新

カスタム投稿タイプを新規で作成したときは、パーマリンク設定を空更新する必要があります。これはアーカイブページに限らず、ページをちゃんと表示させるために必要な設定です。

空更新というのは、パーマリンク設定を何も変更しないけど、「更新」だけをしておくことです。

アーカイブ設定を確認する

もしかして、カスタム投稿タイプを投稿するのに「Custom Post Type UI」というプラグインを使っていませんか?

このプラグイン、カスタム投稿を作成した時のデフォルトの設定が「アーカイブなし」になってしまっているのです。なので、ここの設定をうっかりそのままにしているとアーカイブは表示されません。

アーカイブの設定を変えるには、左のメニューにある「CPT UI」>「投稿タイプの追加と編集」をクリックします。

次に、「投稿タイプを編集」タブをクリックします。

該当するカスタム投稿タイプを選択して、下の方にずっとスクロールしていくと「アーカイブあり」という項目が見つかりますので、ここを「True」に変更して一番下の「投稿タイプを保存」をクリックで保存すれば完了です。

以上が、カスタム投稿タイプのアーカイブページが404で表示されないときの対処法2つでした。

最近の記事

  1. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  2. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
  3. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  4. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  5. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
PAGE TOP