その他

エックスサーバーの独自SSL設定方法

現在、エックスサーバーでは新規のドメイン設定の際には自動的に無料のSSL設定が行われるようになっています。そのため、これからドメインを設定する方は、エックスサーバー側では特に設定の必要はありません。

ここから先は、今までSSL設定をしていなかった方に向けての内容になります。エックスサーバーには無料独自SSL設定と有料のSSL設定の2種類あります。それぞれ設定の仕方が異なりますので、両方ご紹介しておきます。特にこだわりのない方は、基本的に無料独自SSLで良いと思いますよ。

無料独自SSL設定をする場合

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。


「SSL設定」をクリックします。


SSL設定をしたいドメインの右にある「選択する」をクリックします。


「独自SSL設定の追加」タブを選択します。


「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。
以上で設定完了です。とても簡単ですね。しばらく経ってから「https://」で自分のサイトにアクセスしてみてください。ちゃんとサイトが表示されていれば設定完了です。

有料プランで申込みの場合

エックスサーバーのインフォパネルにログインします。
>>インフォパネル

SSL設定の申し込み・支払い


左のメニュー「契約関連」にある「追加のお申し込み」をクリックします。
移動したページ先の「利用規約」「個人情報の取り扱い」に「同意する」をクリックします。


オプション独自SSLの「新規申し込み」をクリックします。


「SSLブランド」「SSLプラン」「ご契約期間」を選択します。

何を選んだらよいか迷ったらとりあえず下記で良いと思います。

SSLブランド CoreSSL
SSLプラン SNI SSL(ネームベース)
ご契約期間 1年


対象サーバーとコモンネーム(ドメイン)を選択後、「お申込み内容の確認・料金のお支払い」をクリックします。その後、「料金のお支払い」へと移ります。

SSLの取得申請


支払いが終わったら左のメニュー「契約情報」をクリックします。


「独自SSL契約情報」タブをクリック。


「取得申請」をクリックします。
その後、住所や登録者情報などを入力するページに移動するので、必要事項を入力して行きます。

最後に

新規取得申請を完了しました。
以上で、お客様での手続きは完了です。

SSLの発行を確認後、弊社にてインストール作業を行います。
インストール完了後、ご登録メールアドレス宛にご案内いたします。

と表示されれば申請完了です。
その後、「【Xserver】SSL証明書設定完了のお知らせ」という件名でメールが送られてきたら設定完了です。「https://」で自分のサイトにアクセスして、ちゃんとサイトが表示されていれば完了です。

最近の記事

  1. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  2. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
  3. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  4. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
  5. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
PAGE TOP