WordPress

WordPress|モジュールテンプレートの種類と役割

モジュールテンプレートというのは別名、パーツテンプレートとも呼ばれていて、WordPressのテーマ内にあるテンプレートファイル(phpファイル)のうち、ページ内の一部のパーツを表示させるファイルです。

モジュールテンプレートは、これからテーマを自作しようと思っている方が知っておくと役に立ちます。ここでは、モジュールテンプレートの種類と役割について見ていきましょう。

モジュールテンプレートの種類と役割

WordPressですでに定義されているモジュールテンプレートを表にまとめてみました。

パーツ ファイル名 インクルードタグ
(パーツの読み込みコード)
ヘッダー header.php <?php get_header(); ?>
フッター footer.php <?php get_footer(); ?>
サイドバー sidebar.php <?php get_sidebar(); ?>
検索フォーム searchform.php <?php get_search_form(); ?>
コメント comments.php <?php comments_template(); ?>

表の真ん中「ファイル名」の通りにファイルを作成してテーマフォルダにアップロードすると、WordPressが自動的にパーツとして認識してくれる仕組みになっています。そのパーツをページ内で読み込ませたいときは右側にある「インクルードタグ」を表示させたい場所に貼り付けます。

表を見ていただければ恐らくこれ以上の説明は必要ないのではないでしょうか。

ちなみに、「カスタムテンプレート」といって、ファイル名を任意の名前にしたときは下記の方法でインクルードタグで読み込ませます。

<?php get_template_part(ファイル名); ?>

例えば、「example.php」というカスタムテンプレートの場合は、

<?php get_template_part(example); ?>

となります。

以上がモジュールテンプレートの種類と役割のお話でした。

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

  1. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  2. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
  3. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  4. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  5. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
PAGE TOP