Bootsrtap

Bootstrap4の使い方(入門編)

ここでは、Bootstrapがどんなものであるのか概要をある程度、理解した方が実際にBootstrap4を導入する際の最初のステップについてお話していきます。Bootstrap4を使うには、ファイルを自分のサーバーにアップロードするかBootstrapのCDNを利用してファイルを読み込む必要があります。ここでは、それぞれの方法についてお話します。

Bootstrap4をダウンロードする方法

Bootstrapの公式サイトへ行きます。

サイトの右上に「Download」というボタンをクリックします。

「Compiled CSS and JS」の下にある「Download」をクリックしてファイルをダウンロードします。

zipファイルを解凍すると、中に2つのフォルダがあります。

cssフォルダ内で必要なもの

cssフォルダ内で必要なファイルは、「bootstrap.css」もしくは、その圧縮ファイルの「bootstrap.min.css」です。bootstrapの仕組みを理解しながら使いたい方は「bootstrap.css」を、ページの読み込み速度を重視される方は「bootstrap.min.css」を使えば良いでしょう。

「bootstrap-grid.css」や「bootstrap-reboot.css」の内容はすべて上記のファイルに含まれているので使いません。

jsフォルダで必要なもの


jsファイルは「bootstrap.js」もしくは、その圧縮ファイル「bootstrap.min.js」のどちらかがあれば大丈夫です。

【追記】
もうひとつ、必要なファイルがあることが判明しました。「popper.min.js」というファイルがないと一部の機能が使えません。本家サイトは英語で分かりづらいので、bootstrapのDownloadのページにある下記の読み込みコードをそのまま使うか、自分のサーバーにアップロードしたい場合、下記のURLにアクセスしてファイルをダウンロードしても良いでしょう。

HTML

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.3/umd/popper.min.js" integrity="sha384-ZMP7rVo3mIykV+2+9J3UJ46jBk0WLaUAdn689aCwoqbBJiSnjAK/l8WvCWPIPm49" crossorigin="anonymous"></script>

Bootstrapファイルの説明

ざっくりと、中のファイルについてお話しておきます。

bootstrap.css
Bootstrapの基本となるスタイルシートです。
bootstrap-grid.css
Bootstrapのグリッドシステムのスタイルシートです。
bootstrap-reboot.css
ブラウザ間で生じるデザインの微妙な違いをリセットするための(リセット)CSSです。
bootstrap.js
メニューの開閉などの動きを実装するためのファイルです。
popper.min.js
Bootstrap4から必要になったライブラリです。

さて、先ほどの「css」フォルダと「js」フォルダをコピーなどしてパソコンの適当な場所に保存したら、同じ階層にindexファイルを作成しましょう。ファイルの中には、下記のソースコードを入力します。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>タイトル</title>
    <meta name="description" content="ページの説明">
    <!-- BootstrapのCSS読み込み -->
    <link rel="stylesheet" href="css/bootstrap.min.css">
    <!-- jQuery読み込み -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.2.1.slim.min.js"></script>
</head>
<body >

ここにコンテンツを入れる

    <!-- PopperのJS読み込み -->
    <script src="js/popper.min.js"></script>
    <!-- BootstrapのJS読み込み -->
    <script src="js/bootstrap.min.js"></script>
</body>
</html>

BootstrapCDNを利用して導入する方法

次は、ファイルをダウンロードせずにBootstrapCDNを利用する方法について見ていきます。一番、下に完成した雛形を載せておきましたが、できるだけ最新のファイルを読み込んだ方が良いので、下記の手順に従ってファイルの読み込みコードをコピペしてください。

Bootstrapの公式サイトへ行きます。

サイトの右上に「Download」というボタンをクリックします。

移動したDownloadページをスクロールしていくと、「BootstrapCDN」という見出しが出てきますので、その下にある読み込みコードをコピーして使います。

JSファイルを読み込ませる順番

jsファイルは下記の順番で読み込ませるようにしてください。

  1. jQuery
  2. Popper.js
  3. bootstrap.min.js

完成した雛形がこちらです。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>タイトル</title>
    <meta name="description" content="ページの説明">
    <!-- BootstrapのCSS読み込み -->
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.2/css/bootstrap.min.css">
</head>
<body >
 
ここにコンテンツを入れる
 
    <!-- jQuery読み込み -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js"></script>
    <!-- PopperのJS読み込み -->
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.3/umd/popper.min.js"></script>
    <!-- BootstrapのJS読み込み -->
    <script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.2/js/bootstrap.min.js"></script>
</body>
</html>

これがBootstrap4を使うための基本となる雛形ファイルになります。とりあえず、今日はここまでにしたいと思います。


WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

  1. CSS

    要素の配置が簡単に決まるFlexboxの使い方
  2. CSS

    レスポンシブウェブデザインの基本|メディアクリエリの設定
  3. CSS

    CSS|中央寄せが効かないときは・・・
  4. WordPress

    WordPressの立ち上げからサイト構築までの初期手順
  5. CSS

    擬似クラス「:first-child」「:last-child」はどうして効かな…
PAGE TOP